ハゲの漫画/アニメ/普通の本の感想日記

漫画やライトノベル、一般書籍などハゲが読んだ本をちょっとずつ紹介していくブログです。どんな本でも好き嫌い無しで読むので「こんな本面白いよ!」とか紹介してくれたら嬉しいな(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

カテゴリ:ライトノベル

 今更読むシリーズ。今日は「さくら荘のペットな彼女9」です。ちなみにライトノベルです。
評価:★★★★★(星5つ)


------------------------------------------------
 あえて言おう。今回の"さくら壮のペットな彼女"は本当に面白かった(`・ω・´)
 是非、これからゲーム業界を目指そうとしている学生やアマチュアの人に読んで欲しい巻です。 ゲームを作るということはどういうことなのか。ユーザーはどういう目で作り手を見るのかを的確に当ててきていて心にグサグサとささり、自分ももっと精進しなければいけないと感じました。

 ただやっぱりフィクションなので、業界3本指に入るプログラマーがまだ高校生だったり、ゲームキャンプとかあったりとそこらへんはアンリアルで僕は好きです。
 それにしても、龍之介のプログラマーとしてのスキルは本当に凄いですね。3日で試作ゲーム作ったり1日で使いやすいインターフェイスのゲームエンジン作ったりと文章だけ見ると本当にやばいレベルです。というか嫉妬しました。ラノベのキャラクターに嫉妬とかなにを言ってるんでしょうね(´∀`*)
 そして、空太とましろの恋の行方も見逃せません。結構きわどい描写しちゃってるんですけど実際に事には及んでないんですよね。モヤモヤしてて最終巻でどうなるのか楽しみです。

 という感じで、冒頭でも書きましたがこれからゲーム業界を目指す人やゲームを作りたい人は1回読んでおいて損はないです。断言できます。この本で龍之介が言ってることが理解できる人との仕事は本当に楽しいものになりそうですから!!

 今更読むシリーズ。今日は「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」です。ちなみにライトノベルです。
評価:★★★☆☆(星3つ)



-------------------------------------------------------------
 元は"小説家になろう"で連載されて支持を集め、自分で応募し書籍化された本著"ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか"です。
 さすがに支持を集めた作品を加筆修正して刊行しているため、序盤が凄く面白く、キャラクターに魅力がありますね。ただ、主人公"ベル"の主神のキャラクターがぶれてるのかなんなのか、台詞と行動がイマイチしっくりきませんでした。
 モンスターが蔓延るダンジョンで生計を立てるところなどは"トルネコ"や"風来のシレン"をリアルに突き詰めた感じです。冒険のたびにステータスが上がるの所とかはちょっとTRPGが入ってる感じかな。
  問題としては、話の中盤からちょっといろんな話題に話が飛んでしまい読んでて疲れる部分があったことですかね。神と主人公で別行動を取らせて神が主人公をどうおもってるか、どれだけ大切にしているのかを魅せるためにあえてああしたのかもしれませんがちょっと蛇足だった感じが。
 普通に剣を作ってもらうのに努力した感じを2ページくらいで収めるべきだったと思います。 あと、あまり関係ない女性キャラクターを無理やり入れた感じがするんですがあれらのキャラクターは2巻以降で活躍するんですかね?
 全体として話が飛ぶことと無理やり女性キャラクターを入れたこと意外は大変素晴らしいできのライトノベルとなっています。最近ライトノベルが面白くないなと感じた人は買ってみてもいいのではないでしょうか? 

今更読むシリーズ。今日は「はたらく魔王さま! 7」です。ちなみにライトノベルです。
評価:★★★★☆(星4つ)



--------------------------------------------------
【感想】
 異世界の魔王が現代で庶民生活!?な設定を描いた「はたらく魔王さま!」7巻です。今回は短編集です。
 結論から言ってしまえば、非常に面白い短編集でした。基本的に短編集って本編と違って内容がぶつ切りにされたり、前の話を覚えてなくてよく分からなかったりどこかしらするものですが、今作はそういうところがまったくと言っていいほどありませんでした。
 ちーちゃんがアルバイトを始めた理由の話なんて、今までの"中から見たマグロナルド"ではなく"外から見たマグロナルド"の視点から描いてあって、こういうお店なんだなって世界観を広げていたし。
 真奥が猫を拾う話は、コメディタッチだったし、アラスラムスの布団を買いに行く話はホンワカだったしと、本当に今までのマンネリ感が嘘のような素晴らしい本でした。
 ただ、短編集ということもあってこの巻から読み始めるのは絶対にお勧めしないため★4とさせていただきました。
 4月からアニメも始まるので気になってる人は1巻から読んでみるといいですよ!! 本当にお勧めの本です。

今更読むシリーズ。今日は「アクセル・ワールド13 ―水際の号火― 」です。ちなみにライトノベルです。
評価:★★★★★(星5つ)


 "君も加速してみないか?"でお馴染み(?)の"アクセル・ワールド"の最新刊です。去年アニメ化して黒と黄の王の戦闘シーンが迫力あって凄かったのを今でも覚えています。

 さて、そんな"アクセル・ワールド"の最新刊では、以前に出てきた"四元素"の1人"アクア・カレント"がめでたく ハルユキたち"ネガ・ネビュラス"に戻ってきます( ̄ー ̄)ニヤリッ
 しかし、ずっとレベル1だった原因がレベルドレインだったなんて、確かに青龍は特殊能力を持っている的な事を言っていましたがその伏線をここで持ってくるとは・・・。レベル1で"上"にいけた理由も言われれば納得いくレベルで大変良かったです。
 
 そんな"アクア・カレント"もメタトロン攻略を急がねばならない"ある理由"が出来て遂に"絶対の一"を卒業しちゃいます。著者もあとがきで言っていましたが、あっさりと"絶対の一"を返上しちゃうのはやっぱりもったいないなーと思っちゃいました。でも、"上"に行くためにはレベル1じゃ行けないから仕方ないのかな(´・ω・`)

 と、そんな感じで次巻は"アクア・カレント"救出作戦と"メタトロン攻略"になるみたいです。"アクア・カレント"救出作戦だけで一巻丸々使い切りそうなんだけど、本当に次でメタトロン攻略まで行くのかな。。。。

 シリーズを読んでる方にはいつも通りな感じで安心して読める一冊になっていますので安心してご購入くださいヾ(=^▽^=)ノ
 また、未購入の方も本当にお勧めできるシリーズなのでちょっと巻数多いですが一巻から読んでくれると嬉しいな(*´Д`*)

今更読むシリーズ。今日は「ロウきゅーぶ! ~12巻~」です。ちなみにライトノベルです。
評価:☆☆☆☆★



-------------------------------------------------------
【感想】
 ついに10人に編成になった慧心学園女子バスケットボール部。部内ライバルとなる5年生を入れてついに公式戦に出れるようになりました。今巻では、公式戦1回戦の硯谷戦の途中までを書いてます。
 それにしても、部内と外部でメインの5人の少女たちにライバルが出来たのは熱い展開ですね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
 智花たち6年生のキャラを10巻くらい見てきたせいか、新キャラとしての5年生はどうなの?って、前巻では見ちゃいましたが、いや~作者凄いですね。5年生も全員きちんとキャラ立ちしてていい感じです。僕としては特に双子が最高ですね。
 
 今巻の見所としては、まず商店街での6年生と5年生との料理対決ですかね。対決といっても、結局そんなこんなあって対決できずに逆に6年生と5年生の"共通の敵"を通して絆が深まる話なんですけどね(*゚▽゚*)
 そして、なんと言っても今巻最大の見所は公式戦初試合の硯谷戦でしょうね。今巻では5年生メインの第2クォーターまでしか描かれてないんですけどきちんと"バスケ"をしてていつも通り良かったです。
 
 ただ、前回から思ってたんですけどキャラが増えてきたためか1キャラを掘り下げることが出来なくなってる印象です。そのため、このキャラクターが好きだ!って人は結構不満持つんじゃないかなぁと。
 特に今回は愛莉のライバルの綾ばかり目立つ感じになっちゃってて、愛莉ファンは結構イライラしたんじゃないかなぁ(その代わりに、カラー絵に愛莉が描いてあるのかもしれませんが・・・)
 次巻では第3クォーターから最後まで描かれると思うのでそこでメイン5人をもっと掘り下げて欲しいですね。 

このページのトップヘ