ハゲの漫画/アニメ/普通の本の感想日記

漫画やライトノベル、一般書籍などハゲが読んだ本をちょっとずつ紹介していくブログです。どんな本でも好き嫌い無しで読むので「こんな本面白いよ!」とか紹介してくれたら嬉しいな(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

カテゴリ:ライトノベル

 今更読むシリーズ。今日は「織田信奈の野望13」です。ライトノベルです。
評価:★★★★★(☆5つ)
 


-------------------------------------------------------------------
 【感想】
 ついに信奈の野望も13巻。クライマックスに向けて突っ走ってます。
 
 今回の舞台は、修羅の国「九州」。
 史実では信長が生きている間は秀吉は九州に行ってないはずですが、そこはライトノベル。歴史なんて無視して九州に流れ着いちゃってます。
 そこで現れたのが「相良義陽」。義陽と書いてヨシハルと読みます。お気づきでしょうが、このライトノベルの主人公の名前も「相良義晴」で義晴と書いてヨシハルと読みます。
 感が言い人はこの時点でご先祖様なんだろうなって気づいてると思いますが、その通りです。

 今回のお話は、この相良家と島津家の争いがメインとなっております。信奈はまったく本編に絡んできません(ヒロインなのに……。)
 義晴はいつもの天然の女たらしを発揮し、義陽と島津四姉妹を手玉に取ります。最終的には全員から好意を寄せられ現地妻化してしまいます。いつもどおりですね!!
 メインのお話は大友宗麟との外交だったはずなのにどうしてこうなった……。

  読んでるときに混乱したのは、やっぱり義晴と義陽と義久と義弘と「義」がつく武将が4人も出てきたことでしょう。
 たったの数行に四人の名前が出まくりで誰がなにをしゃべっているのか追うのに苦労しました。

 そんな感じで、次巻は大友宗麟に寝返ったシメオンこと黒田官兵尉と大友家との戦闘になりそうです。
 
 こんなことしてる間に、上杉、武田、毛利に織田が潰されたりしないのかなぁ……。 

 今更読むシリーズ。今日は「はたらく魔王さま! 8 」です。ライトノベルです。
評価:★★★★★(星5つ)



-------------------------------------------------------------------
【感想】
 やっと読み終わりました。現在アニメ絶賛放送中の"はたらく魔王さま!"8巻。
 
 今回はエミリアが"エンテイスラ"に一時帰還してその間に日本に残った真奥たちのお話ですね。エミリアが"エンテイスラ"に期間限定で戻ったのにいつまでたっても帰ってこない。その間に、エンテイスラから敵がやってきてってのがあらすじです。

 今回の見所は新しく出てきた、大天使カマエルと"サタン"の関係性とエミリアのお父さんとアシエスがなぜ日本にいるのかという二つの謎ですかね。
 というか、これだけ言うだけで結構なネタバレになっちゃってるんですけど、まじで大天使カマエルが動かないとかルシフェルが言ってたのにあっさりと動いてきてしかも、そんなときにエミリアいなくてこれどうすんのってなってたんですが(´∀`*)
 
 ガブリエルが恐れてる某店長とかなにものなのって話もしたいし、ガブリエルお前いったいなにしてるのって話もしたいんですけどネタバレになるから書けないこのもどかしさ。
 
 ともかく9巻まだでないかな!!ってのが総じての感想です。エミリアが囚われてる理由もまだ分からないしね。麦の穂を落としてどうたらとか描写されてもなにがなんだか全然分からないよ!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ 

 今更読むシリーズ。今日は「織田信奈の野望 10 」です。ライトノベルです。
評価:★★★★☆(星4つ)


-----------------------------------------------------------------------------
 "今回は海戦だ"の煽り文句のオビの織田信奈の野望10巻です。ついに二桁突入ですよ!!
 内容としては、過去から来た主人公"相良良晴"が過去に飛ばされたそこは戦国時代だけど僕らの知ってる戦国時代とは違って"女"武将が存在する戦国時代で!?
 って感じのシナリオですね。信長が女武将の信奈になってたり、光秀が女武将だったり、ぶっちゃけ主人公が秀吉と入れ替わってるのでそれ以外ほぼ全員女武将になってたりします。

 今回は毛利水軍のメイン村上武吉率いる、村上水軍と、南蛮蹴鞠大会で一度は和睦したはずの本願寺を元とする"本猫寺"とのW合戦がメインですね。確かに煽りにあるとおり水軍との戦いがメインみたいになってますが実際はほとんど水上戦はやってないです。
 いやー、個人的に伊達の次に好きなのが毛利なので毛利メインの合戦が超絶ウキウキでした。特に"両川"小早川、吉川姉妹が出まくってる所がいいですね。信奈が窮地に陥れられてる所もいい感じです。
 雑賀孫一の一騎当千振りもやばかった。孫一の活躍を大々的に描いてから、合戦報告で上がってくる"~討ち死に "という文章がもうニヤニヤが止まりませんでした。やっぱり、戦国系小説や漫画なら合戦の戦場報告は絶対に入れるべきですね。客観的にどれだけ強いのか分かるのは大事です。

 さて、問題点はやっぱり煽りで海戦と書いているのにほとんど海戦の描写が無かったことですかね。(印象が薄かったとも言いますが) 
 村上武吉が一船で堺に来て今回のメインとなるあるものを持ってくるのと、毛利軍との戦で数ページかかれてただけでしたね。合戦のメインはほとんどが孫一の陸戦でした。
 あと、後半が長いのでどうせなら海戦メインだって煽るより最後の方の内容を取って"信奈究極の選択"とかって煽りの方がよかったんじゃないかなと思いました。
 
 全体としてはいつも通りの"信奈の野望"シリーズで、最初からロリコンしまくり女性武将でまくり最後はそんなことまでしちゃいますかって感じです。次巻で今回の内容がどれだけ重要か分かってくる感じなので今までのシリーズを読んでた人は読んだほうがいいですよ。 

 今更読むシリーズ。今日は「魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> 」です。ライトノベルです。
評価:★★★☆☆(星3つ)



----------------------------------------------------
 今回のシリーズは上中下の三部構成の上巻です。前作が分厚買った分今回は薄く感じますね(そもそも前回が厚すぎたんですけど)
 今回は、一科妹三人組の一人の雫と入れ替わりに転入生のリーナがアメリカから転入してきます。時代背景的に海外留学はとても珍しいらしく、なぜ留学することになったのか、アメリカから来た目的が上巻のメインシナリオとなっています。
 全体的にこの作者らしさが本当に出てきたのかなって一冊でした。ぶっちゃけ、戦闘シーンやそのほかの描写全てが回りくどく読みにくい。もっとストレートに書けなかったのかなって所が所々にあるんですよねー。そこら辺込みこみで今回の評価なので、この作者の書き方が好きだったりする人にはもう星1つプラスしていい感じですね。
 とりあえず、上巻での謎は中下巻で明かされるでしょうし楽しみにしてますっ!!
 あと、個人的にはこのシリーズ終わってもリーナがレギュラーとして残ってくれると嬉しいな。深雪のライバルとしてもだし個人的に好きになっちゃったので。 

 今更読むシリーズ。今日は「彼女はつっこまれるのが好き! 9」です。ちなみにライトノベルです。
評価:★★★★★(星5つ)


------------------------------------------
 あとがきで”お相手はサイトーマサトでした"でお馴染みの。彼女はつっこまれるのが好き9巻です。これが最終巻ということもあり個人的には非常に残念です(アニメ化して欲しかったなぁ)。

 内容は、声優のヒロインとひょんなことから"素人"でラジオのパーソナリティになってしまった主人公がラジオを通して芸能界の仕事を体験していくお話です。
 声優が隣に引っ越してきたり、ヒロインのライバルが主人公にいちゃついてきたりと王道を行っていて素晴らしい作品です。流れるような会話文で話が展開して行く珍しい作品で駆けるように読めてしまう一冊でした。
 おしむらくは、今回最終巻なんですけどちょっと最終巻っぽくなかったというか無理やりこじつけて終わらせた感じが凄く伝わってきてます。正直もっとこの2人の成長が見たかったし、主人公が芸能界でどうやって仕事を見つけ成長していくのかが見たかったです。
 エピローグで高校卒業してからのことだけちょろっと書かれると凄く気になってしょうがないんだよ!!
 もう1巻だけ出るようなのでそちらにエピローグ後が書かれることを祈りまして感想を閉めさせていただきたいと思います。
 お相手はHAGEてもないの"ハゲ"でしたっ!! 

このページのトップヘ