今更読むシリーズ。今日は「はたらく魔王さま! 8 」です。ライトノベルです。
評価:★★★★★(星5つ)



-------------------------------------------------------------------
【感想】
 やっと読み終わりました。現在アニメ絶賛放送中の"はたらく魔王さま!"8巻。
 
 今回はエミリアが"エンテイスラ"に一時帰還してその間に日本に残った真奥たちのお話ですね。エミリアが"エンテイスラ"に期間限定で戻ったのにいつまでたっても帰ってこない。その間に、エンテイスラから敵がやってきてってのがあらすじです。

 今回の見所は新しく出てきた、大天使カマエルと"サタン"の関係性とエミリアのお父さんとアシエスがなぜ日本にいるのかという二つの謎ですかね。
 というか、これだけ言うだけで結構なネタバレになっちゃってるんですけど、まじで大天使カマエルが動かないとかルシフェルが言ってたのにあっさりと動いてきてしかも、そんなときにエミリアいなくてこれどうすんのってなってたんですが(´∀`*)
 
 ガブリエルが恐れてる某店長とかなにものなのって話もしたいし、ガブリエルお前いったいなにしてるのって話もしたいんですけどネタバレになるから書けないこのもどかしさ。
 
 ともかく9巻まだでないかな!!ってのが総じての感想です。エミリアが囚われてる理由もまだ分からないしね。麦の穂を落としてどうたらとか描写されてもなにがなんだか全然分からないよ!!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ