今更読むシリーズ。今日は「バガボンド」です。漫画です。
評価:★★★★★(星5つ)



----------------------------------------------------------------------------------------------------
 "スラムダンク"で有名な井上雄彦先生が大剣豪"宮元武蔵"と"佐々木小次郎"の生涯を描く!!そんな漫画です。
 いや~、最初連載された時は集英社じゃなかったので井上先生だと知らずに読んでたんですけど、改めて一気に読み直してみると描写が上手い上手い。上手いなんて素人の僕が言っていいのか分からなくなるくらい"凄い"の一言に尽きます。 
 まず、独特のタッチと血しぶきの表現。今までの漫画になかった表現。そして、1回1回の緊張感とリアル感。特にスラムダンクの後半に見られた緊張感が常に表に出ている感じがあって凄かった。
 とりあえず、家にあった分の28巻までを一気に読んでしまいましたが、武蔵が足が動かなくなる所で終わっちゃってるので、既刊で34巻まで出ているので近いうちに残りも買ってしまおうと思ってます。 
 本当に漫画を研究してる人には是非読んで欲しいシリーズです。