ハゲの漫画/アニメ/普通の本の感想日記

漫画やライトノベル、一般書籍などハゲが読んだ本をちょっとずつ紹介していくブログです。どんな本でも好き嫌い無しで読むので「こんな本面白いよ!」とか紹介してくれたら嬉しいな(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

今更読むシリーズ。今日は「20代で身につける成長の法則」です。ちなみに一般書籍です。
評価:☆★★★★ 



---------------------------------------------------------------
 今日の紹介は「20代で身につける成長の法則」です。昨日紹介した本と同じような種類の本ですね。
 こちらは、黒の背景に格言を書いてその後その格言がどういう意味があるのかを説明してるページが2~3ページあるという構成になってます。
 
 この格言自体は非常に分かりやすく納得のいく格言ばかりで、説明も端的で良かったのですが、ページ構成上黒ページで一ページを使っているためなんだか損をした気になってしまいます。
 これは個人の感想ですが、「お金をある程度出さないといいものには出会えない」というような記述が結構あったのですが、それは私の考えとは合いませんでした。
 
 全体を通しては、黒ページがが「バッ」っと目に飛び込んでくるためその"格言"ばかりに目と頭が行き、なかなか内容が頭に入ってきませんでした。そのため全体的に読みにくい印象がでした。
 購入する予定のかたは一度書店などで見てから、自分にあってるかを考えてから購入することをお勧めいたします。 

今更読むシリーズ。今日は「「伸びる社員」と「ダメ社員」の習慣」です。ちなみに一般書籍です。
評価:☆☆☆★★



---------------------------------------------------------------
【感想】
 今回の紹介は人材コンサルタントの著者が書いた、「「伸びる社員」と「ダメ社員」の習慣」です。
 
 著者が今まで見てきた人材や実際に自分が働いていたときに参考になった社員を格言とともに紹介しています。
 読んでて思ったのは、この人は人を見る目を常日頃から養ってた人なんだなってのと、人と自分を比べて客観的に自分の悪い所を認められる素直な人だったんじゃないかということです。
 そのような人だと僕が思ったためなのか、文章が全体的に押し付ける感じではなく、"諭す"感じで書いていて好印象でした。
 
 ただ、基本的には会社という組織の中での人材を題としているため、会社の経営者としての観点というか社員として役に立つ人材になるにはどうすればいいかという話ばかりでした。(そういう本なので文句ではないです)
 全体的に、読みやすく文句の付けるところもないので、自分がダメ社員だと思ってる方は読んでみることをお勧めしますヾ(´ω`=´ω`)ノ

今更読むシリーズ。今日は「エロゲー文化研究概論」です。ちなみに一般書籍?
評価:☆☆☆☆★


----------------------------------------------------------------------
【感想】
 エロゲー誕生からの30年の歴史を振り返っている本。
 内容的には本当に今までのエロゲーを一般ゲーム業界と対比させたり、社会の移り変わりとともにエロゲーがどう変わっていったのかを描いており凄く参考になりました。

 序盤の方はちょっと無理やりエロゲーとして扱ってる感じがあるので最初の方は参考程度に考えるといいかも。僕自身がエロゲーに触れたのが1999年くらいだったので、その前の話や世界のエロゲーについての描写は知識として非常に勉強になりました。

 ただ、少々の不満として僕がこの本を買った目的としてもっと技術的、予算的な研究がされてるかと思ったらそうではなく。あくまでも、一般ユーザー層から見た"エロゲー"というものを振り返る構成になっていたのが残念です。
 エロゲ会社の成り立ち方やどの作品を起点として大きくなったかなどは結構頻繁に書かれていたんですけどね。知りたかったのは、どうやってエロゲーの会社を立てるのかや流通の方だったんですよね。
確かに、ソフ論の加入費やシール代の記述はあったけど、あれだけじゃな(´・ω・`)
 エロゲーの歴史を振り返るには充分資料的価値があるので、ご興味のある方は是非。 ヾ(´ω`=´ω`)ノ

このページのトップヘ